Step Up Shohou: Красота каны в стиле тирасигаки

Step Up Shohou: Красота каны в стиле тирасигаки

Отзывов: 0 Отзывов: 0
2,990.00
Количество:
-
+
Издатель/Производитель: Nichibou
ISBN/JAN: 9784817041074
Наличие: Предзаказ с отправкой ~25.04.2021

「ステップアップ書法」シリーズは、ある程度の書の基本ができている初・中級者がワンランク上の書を目指すための技法書です。これまでに必ずしも十全に掘り下げられなかった実践的なテーマを取り上げ、書表現の幅を広げ、技法を磨き上げることを目的とします。
 このシリーズの第3弾では、かなの「散らし書き」を取り上げます。
「散らし書き」とは、字間・行間、行の長短などを揃えずに紙面を構成する日本独特の表現です。平安朝以来、和歌書を中心に展開しましたが、近世以降は俳句や詩文書にも応用され、多彩な展開を見せて今日にいたっております。
 そのような日本独自の表現である「散らし書き」による多彩な作品づくりを指南するのが本書です。入門の入門から和歌、俳句、大字仮名など、どのような作品づくりも、この一冊で全部マスターすることができます。

●目次 
はじめに

第1章 散らし書きとは?
 散らし書きとはどのような表現か/散らし書き 入門の入門〈五文字の散らし書き〉/五文字の散らし書きの発展/まずは四行書きから/一つの形でできるさまざまな表現/同じ歌のさまざまな散らし方/散らし書きの基本1 行の傾き/散らし書きの基本2 行の高低/散らし書きの基本3 字間行間の距離/散らし書きの基本4 構図構成の工夫

第2章 古典に学ぶ散らし書き
 古典に学ぶ散らし書き1 行の高低/古典に学ぶ散らし書き2 行の逓減/古典に学ぶ散らし書き3 左右分割/古典に学ぶ散らし書き4 返し書き/古典に学ぶ散らし書き5 斜め分割/古典に学ぶ散らし書き6 上下分割1/古典に学ぶ散らし書き7 上下分割2/虚実の構図/古典に学ぶ散らし書き9 横の散らし

第3章 散らし書きのテクニック
 紙面構成の考え方/文字の選択〈変体仮名の上手な用法〉/紙面と表現の関係〈大紙面への展開のために〉/散らし書きと連綿・疎密/潤渇と奥行き/余白の美を考える

第4章 さまざまな散らし書き
 和歌の散らし書き/俳句の散らし書き/多字数の散らし書き/大字かなの散らし書き/さまざまな題材の散らし書き

第5章 かなの基礎学習
 かなの基本運筆/かな作品創作入門/作品づくりのプロセス/仮名作品の落款と仕上げ

●おおいし・みよこ
宮崎県生まれ。大石隆子に師事。現在、日展会友、読売書法会理事、栴檀社理事長。著書に『臨書の疑問100』(共著・芸術新聞社)ほかがある。

Характеристики
Название на японском かなの美を学ぶ散らし書き - ステップアップ書法
Автор(ы) М. Оиси
Страниц 111
Обложка Мягкая
Язык Японский
Год издания 2013
Страна издательства Япония
Страна печати Япония
Нет отзывов об этом товаре.

Написать отзыв

Ваше Имя:


Ваш отзыв: Внимание: HTML не поддерживается! Используйте обычный текст.

Оценка: Плохо           Хорошо

Введите код, указанный на картинке: