Seibundōshinkōsha

На странице:
Сортировка:
2,290.00
Описание от издателя 墨・顔彩・筆を使って、四季折々の花を描きましょう。下書きはせず、筆の運びで花びらや葉っぱを表現します。とはいえ、難しく考える必要はありません。書道と同じで、筆運びを練習してそれを組み合わせることで形を表現するので、下書きをして描くよりも実はとても簡単なのです。たとえば二回の筆運びを組み合わせて丸い葉っぱを描いたり、筆全体を使って大きな花びらを描いたり。筆の動かし方次第でさまざまな花を表現することができます。 何度も描くことで筆に慣れ、筆の動きを愉しみながら描けるようになっていきます。慣れてくると、小さな花なら、さらっと1〜2分で描..
2,290.00
3,490.00
Описание от издателя 「日本画の描き方」に続く第二弾「花の描き方編」。身近な花を画題に、水干絵具と岩絵具で4号から12号の作品を描きます。 個々の花のしくみの違いをよく観察しながら、その花の個性を生かす構図、色合い、描き方を工夫します。 花の特徴を知ることで、よりその花らしい描き方が学べます。日本画ならではの箔や砂子を生かした華やかさの演出をはじめ、アクアグルーなどの新しいメディウムやアキーラ絵具の併用、和紙を貼ったボードに絹を張ることで絹絵の絵肌を手軽に試すなど、新しい技法にもチャレンジします。屏風絵の名画から画面の一部を抜き出して、原画..
3,490.00
2,390.00
Описание от издателя 水墨画の基本である四君子の描き方から始め、簡単な花鳥、風景画、山水画までの描き方を作例に添って一つ一つ丁寧に解説して筆順を指導した。独習書として最適。 Оглавление 水墨画を描く前の基礎知識 作例と描法 水墨風景画 カットを描く 十二支 ..
2,390.00
%
Суми-э на новогодних открытках: Техника изображения символа года ― быка
1,890.00 1,690.00
Описание от издателя 2021年は丑年。心のこもった年賀状づくりに最適! 年に一度の大切なご挨拶を、水墨画で描いてみませんか! 本書は、おもに年賀状のモチーフになるような、牛に関する水墨画作品を集め掲載し、またそれぞれの描き方をわかりやすく解説しています。 水墨画の世界で活躍する画家を中心に、墨や顔彩を使った作品を手掛ける作家陣により、様々な作風の作品を掲載します。 ..
1,890.00 1,690.00
%
Суми-э на новогодних открытках: Техника изображения символа года ― мыши
1,790.00 1,390.00
Описание от издателя 2020年は子年。心のこもった年賀状づくりに最適! 本書は、おもに年賀状のモチーフになるような、ねずみに関する水墨画作品を集め掲載し、またそれぞれの描き方をわかりやすく解説しています。 水墨画の世界で活躍する画家を中心に、墨や顔彩を使った作品を手掛ける作家陣により、様々な作風の作品を掲載します。 ..
1,790.00 1,390.00
3,490.00
Описание от издателя 日本画の画材や描き方の技法をていねいに、わかりやすく解説した教科書的名書籍です。初心者にも、またステップアップしていきたい人にも使えるように、絵具や描き方、作例なども段階を踏んで紹介しているのがポイントです。画材や用具の基礎的知識、写生の基本、着色のポイント、陰影や立体感のつかみ方などから、水干絵具、新岩絵具、天然・新岩絵具などの絵具とその使い方・描き方を詳しく紹介しています。それぞれに作例を多数使用し、より具体的に、よりわかりやすく紹介しています。また、日本画の歴史・鑑賞の基礎知識や日本画用語集なども掲載し、これ1冊で描き方の技法がわか..
3,490.00
2,290.00
Описание от издателя 本書は、多くの水墨画ファンのお手本として好評だった「水墨画お手本帖 第一巻 花木編」について、新作を加え、24ページの増ページを行い、新版として発行します。本書は、単にお手本を掲載しているだけでなく、水墨画の筆遣い、基本的な描き方、書き順など、水墨画の初心者の人にとっても役立つ、入門書的な要素も兼ね備えています。 Оглавление 木瓜 鹿の子百合 額紫陽花 海棠 薔薇 八重椿 野萱草 小菊 花大根 クレマチス〔ほか〕 ..
2,290.00
2,290.00
Описание от издателя 本書は、多くの水墨画ファンのお手本として好評だった「水墨画お手本帖 第二巻 花木編」について、新作を加え、24ページの増ページを行い、新版として発行します。本書は、単にお手本を掲載しているだけでなく、水墨画の筆遣い、基本的な描き方、書き順など、水墨画の初心者の人にとっても役立つ、入門書的な要素も兼ね備えています。上巻同様、たくさんの花木の作品および描き方が掲載されています。 Оглавление 水墨画を始める前に基本技法  用具・用材  墨の調合と三墨法(調墨)  運筆二法  勾勒法と没骨法  椿の葉..
2,290.00